関西大学/化学生命工学部/生命・生物工学科(学部版)/
 

関西大学 化学生命工学部 生命・生物工学科


Department of Life Science and Biotechnology
Faculty of Chemistry, Materials and Bioengineering
Kansai University
 

   

生命・生物工学科では

DNAやタンパク質の構造・機能を理解し、それらの相互作用にもとづく高次の生命現象について学習し、食品・医薬品の開発・製造や基礎研究、植物の育種、環境浄化・修復、多様な機能性素材の開発などに応用する能力を身につけ、食品・医薬品・化粧品産業の他、医療、環境、衛生など多方面で活躍できる人材を育成します。本学科で行っている研究テーマの多くは、社会的に注目されている分野である先端医療、遺伝子工学、地球環境保全、地球温暖化防止、食品安全などに直接または強く関連しています。

新着情報


・新しい学科ホームページ(https://wps.itc.kansai-u.ac.jp/life-bio/)が完成しました。今後は新HPをご確認ください。
(2018/6/15)

・上記HP移行に伴い、本HPは更新を終了します。(2018/6/15)

2014年度入学試験情報を更新しました。(2013/7/4)

  
池内教授が、日本工学教育協会の工学教育賞を受賞しました。(2013/4/17)

       

 このホームページは、工学部生物工学科(2006年度以前入学)の情報も掲載しています。

 
Last update:2017年12月7日