関西大学/化学生命工学部/生命・生物工学科(学部版)/
 

関西大学 化学生命工学部 生命・生物工学科


Department of Life Science and Biotechnology
Faculty of Chemistry, Materials and Bioengineering
Kansai University
 

   
image_policy

同窓会情報

【創設二十周年記念式典・祝賀同窓会開催報告】(平成22年9月30日)
             (生物工学科創設二十周年記念事業実行委員会)

 旧工学部の生物工学科(現在、化学生命工学部 生命・生物工学科)の創設二十周年の記念式典と祝賀同窓会を9月4日、100周年記念会館で開催しました。以下にその内容をご報告します。 14時からの記念式典では、司会の河原秀久記念事業実行委員会副委員長の開式宣言に続き、土戸哲明同実行委員長の挨拶があり、そのあと、来賓の前田裕理工学研究科長、幸塚広光化学生命工学部副学部長からそれぞれ祝辞を頂戴しました。次いで、創設にとくに尽力され、学科生みの親である故徳山泰名誉教授(代理和加子夫人)と小幡斉名誉教授に花束が贈呈されました。 出席いただいたご来賓と教員、卒業生の紹介後、上里新一教授からスライドを用いた「学科の沿革と現状の紹介」があり、次いで、小幡名誉教授から、「創設を振り返って」と題し、設置に至るまでの苦労話が披露されました。卒業生代表による「学生時代の思い出」の部では、山原 年氏(3期生)、篠嵜夕美子氏(8期生)、瓦谷泰之氏(14期生)から、研究室生活のエピソードや卒業後の仕事とのかかわりについて、心あたたまるスピーチがありました。最後に、吉田宗弘教授から挨拶が述べられ、学科のますますの発展を祈念しつつ、16時過ぎに式典を終了しました。  式典後は、出席者全員による記念撮影の後、17時から山出和弘実行委員の司会により祝賀同窓会が開かれました。開宴後、長谷川喜衛教授から挨拶があり、次いで、大嶋泰治元教授と鉄川精名誉教授から祝辞が述べられました。そして、第1期卒業生の新稲佳久氏の音頭による乾杯で祝宴に入るやいなや、会場のあちこちで歓談が盛り上がり、あっという間に閉宴のときを迎えるに至りました。名残惜しい中、老川典夫教授による挨拶を受け、一同再会を期しつつ会場をあとにしました。 以上の通り、おかげさまで学科創設二十周年記念式典・祝賀同窓会は盛会のうちに無事終了しました。当日の出席者は、来賓11名、卒業生98名を含む149名でした。ご多忙の中、ご出席いただいたご来賓の方々、卒業生に皆様方に厚くお礼申し上げます。学科の今後の発展のため、ご支援、ご鞭撻のほどよろしくお願いします。 皆様方のますますのご健勝と一層のご活躍をお祈りします。

(ご連絡)
 諸般の事情により、事前の広報を電子メールで行い、合わせて同期生間での連絡をお願いしましたが、実際にはアドレス不明の卒業生がかなりの数に上り、この事業についての情報が周知不十分となりました。連絡が届かなかった方々にはまことに申し訳ありません。今後のご案内のこともあり、当日参加の方々を含め、メールアドレスをお届けいただいていない方は、記念事業専用メールボックス(nea32634@biglobe.ne.jp)宛、本年12月20日までにお送りください。

 

記念写真はこちらで拡大できます(ダウンロード可)。


「生物工学科(生命・生物工学科)創設20周年記念同窓会」開催のお知らせ

関西大学工学部生物工学科は平成2年に当時の工学部に設置され、同18年の改組に伴って化学生命工学部生命・生物工学科に名称変更になり、現在に至っていますが、本年めでたく創設20周年を迎えます。つきましては、これを祝し、下記のとおり、記念同窓会を開催します。参加申込みは、専用メールアドレスで受付けます。詳細はこちらをご覧ください。

   日時: 平成22年9月4日(土)
        記念式典 午後2時〜4時15分
        祝賀会  午後5時〜7時
   場所: 関西大学100周年記念会館ホール

   事前参加申込:平成22年6月1日〜7月31日
             (事前申込方法はこちらをご参照ください。)

 

Last update:2010年6月4日  

  このサイトは生命・生物工学科が運営しています。
〒564-8680 吹田市山手町3-3-35 TEL:06-6368-1121(大代表)
Copyright (C) 2006 Kansai University All Rights Reserved.