関西大学/化学生命工学部/生命・生物工学科(学部版)/
 

関西大学 化学生命工学部 生命・生物工学科


Department of Life Science and Biotechnology
Faculty of Chemistry, Materials and Bioengineering
Kansai University
 

   
image_candidate

受験生の皆様へ

・2014年度入学試験に関する情報は、こちら(学科版)またはこちら(関西大学版)をご参照ください。

・生命・生物工学科のカリキュラムの変更について
平成24年度入学生から、若干のカリキュラム変更があります。そのうち、1年次配当の全学共通科目のA群「指定科目」では、「数学を学ぶ(関数と微分積分の基礎1」(2単位)と「化学を学ぶ(基礎化学)」(2単位)が必修科目に加わります。

【スタッフの社会貢献の紹介】
スタッフの一人が一般向け入門書を執筆しています。詳しくは、こちらをご覧下さい。

池内教授が、平成24年度工学教育賞(著作部門)(日本工学教育協会)を受賞しました。公益社団法人日本工学教育協会は、我が国における工学系の大学等の高等教育の充実を目指して、国立大学法人工学部系や私立工業大学を中心に運営されている団体で、毎年、工学教育ならびに技術者教育等に対する先導的、革新的試みによって、その発展に多大の影響と貢献を与えた業績を表彰するために工学教育賞を制定しています。生命科学の導入教育用としての人気教科書3編の著作で、持続的に啓蒙・教育の役目を果たし、合計発行部数が群を抜いている実績もありますことから、高く評価されて、工学教育賞(著作部門)に選ばれました。

平成20年3月4日(火)付けの日経産業新聞で、池内教授、下家准教授の研究「環境ホルモンの小胞体ストレス誘導型アポトーシス作用」が報道されました。

平成19年4月19日(木)付けの日経産業新聞で、長岡准教授、上里教授の研究「イチョウ葉ビフラボンの育毛活性」が報道されました。

Last update:2013年7月4日  

  このサイトは生命・生物工学科が運営しています。
〒564-8680 吹田市山手町3-3-35 TEL:06-6368-1121(大代表)
Copyright (C) 2006 Kansai University All Rights Reserved.