関西大学/化学生命工学部/生命・生物工学科(学部版)/
 

関西大学 化学生命工学部 生命・生物工学科


Department of Life Science and Biotechnology
Faculty of Chemistry, Materials and Bioengineering
Kansai University
 

   
image_policy

生命・生物工学科ポリシー

各種産業や環境への生物の利用は、微生物による発酵・醸造に始まり、近年では様々な食品・医薬品の開発・製造、環境浄化・修復や多様な機能性素材の開発など多岐にわたっている。これらのバイオ産業で利用される基盤技術は、広く生物工学(バイオテクノロジー)と呼ばれるが、特に、遺伝子操作技術の進歩はこの分野に画期的な飛躍をもたらした。また、分子生物学の進歩によって生物の多様な機能を分子レベルで説明することが可能となり、生命活動を単なる化学反応の集合としてではなく、それらが生体細胞・組織の中で有機的に連絡した総合事象と捉える生命科学(ライフサイエンス)が目覚ましい発展を遂げてきた。この分野では、個々の生体分子の構造・機能の理解の上に、それらの相互作用に基づく制御系を含む高次の生命現象を扱い、医薬品開発や基礎研究、植物や家畜の育種などへの応用も図られている。技術の進歩は人類全体の幸福につながらなければならないが、生命科学や生物工学における技術の進歩が真に人類の幸福に結びつくには、それに取り組む者の技術的な向上だけでなく、倫理観の向上も不可欠である。

生命・生物工学科では、生命科学や生物工学に関心の高い若者に広く門戸を開き、その多様なニーズに応えられるよう、「生命科学コース」と「生物工学コース」の2つのコースを配している。基礎有機化学や生化学、細胞生物学、微生物学などを主体とした共通の基礎専門教育によって生命や生物に関する基礎知識を習得した後、3年次にいずれかのコースに分属し、それぞれのコースの特色をもつ専門科目を中心としたカリキュラムによって、化学生命工学部の理念である『地球社会における「もの」と「いのち」の共生を図る科学技術の開発と創成』が可能な人材を育成する。この分野の技術者・研究者には、高い倫理観も求められていることから、生命倫理などの科目も配当して、生命についての基本的問題も把握する。

卒業生は、食品工業、製薬企業、化粧品企業の他、医療、環境、衛生などの分野において活躍が期待される。なお、生命・生物工学科は、食品衛生管理者、食品衛生監視員並びに健康食品管理士の養成学科としての認定を受けており、これらの資格を取得することもできる。

 
Last update:2010年3月1日  

  このサイトは生命・生物工学科が運営しています。
〒564-8680 吹田市山手町3-3-35 TEL:06-6368-1121(大代表)
Copyright (C) 2006 Kansai University All Rights Reserved.